にんにく 頭痛 治し 方

「にんにくを食べたら頭痛に!」治し方は?原因と対処法をご紹介

にんにく 頭痛 治し 方

 

 

にんにくを食べても頭痛にならない方法を知りたい!

 

にんにくを食べて頭痛になった場合の治し方を知りたい!

という方はいないでしょうか?

 

 

そんな方のためにつぎのような記事をご紹介します。

 

 

この記事でわかること。
・にんにくを食べても頭痛にならない方法は?
・頭痛になったときの治し方は?

 

 

にんにくを食べても頭痛になりたくない方は、ぜひ最後までご覧ください。

 

 

 

 

にんにくを食べると頭痛になる原因は?

 

にんにくを食べた時の頭痛の原因はにんにくに含まれる「硫化アリル」と言う成分です。

 

「硫化アリル」は、にんにくに含まれている「アリイン」「アリシン」という成分が変化したものです。

 

この「硫化アリル」が頭痛のようなアレルギー症状をひきおこします。

 

それにしても、にんにくを食べるたびに頭痛をおこしていたら大変ですよね!

 

それでは、頭痛をおこさないで、にんにくを食べるにはどうしたらいいんでしょうか?

 

 

にんにくを食べても頭痛にならない方法は?

 

にんにくを火に通すことで通常は頭痛がおきなくなりますが人によっては、それでも頭痛がおきてしまうことがあります。

 

自分はどのくらい食べると頭痛がおきるのかわからないうちは、1片か2分の1片だけ食べるようにして様子をみましょう。

 

それで大丈夫なら、少しづつ食べる量を増やしていくと良いでしょう。

 

 

もう一つ頭痛をおこさない方法があります。

 

「黒にんにく」というものはご存知でしょうか?

 

黒にんにくとは、にんにくを高温で熟成して、疲労回復、健康に効果的な成分を増加させた食品です。

 

この黒にんにくは「アリイン」「アリシン」がほとんど「S-アリルシステイン」という成分に変わっているため「硫化アリル」はありません。

 

そのうえ疲労回復効果がにんにくの4倍もあるなど、「元気」「健康」「美容」に効果的な成分がにんにくよりも豊富なため、おすすめです。

 

⇒⇒⇒おすすめの黒にんにくはこちら

 

 

頭痛になったときの治し方は?

 

もし、頭痛になってしまった場合の治し方は、痛い部分を氷や水で冷やし安静にして、しっかりと睡眠と休養をとることで通常は治ります。

 

それでも改善されない場合はお医者さんに相談してください。

 

 

 

\人気の記事はこちら/