にんにく 刻み 方

にんにくの刻み方 【薄切り】を解説

にんにく 薄切り

(出典:キッコーマン)

 

 

にんにくの刻み方の中でも「薄切り」について知りたい!

 

という方はいないでしょうか?

 

 

そんな方のためにつぎのような記事をご紹介します。

 

にんにくの香りと食感を楽しめる切り方です。

 

ステーキやパスタ、炒めものなどに使います。

 

 

この記事でわかること。
・にんにくの薄切りの刻み方は?

 

【輪切り】【みじん切り】については別の記事でご紹介しています。
・にんにくの刻み方【輪切り】について
・にんにくの刻み方【みじん切り】について

 

 

にんにくの刻み方「薄切り」について知りたい方は、ぜひ最後までご覧ください。

 

 

 

 

 

にんにくの薄切りの刻み方

 

どんな刻み方をするにも、まずは皮をきれいにとらなくてはいけません。

 

1.1片づつ分ける

にんにく バラす

 

まずは、にんにくを1片づつに分けます。

 

 

2.水に漬ける

 

にんにくを水に漬けて5分ほど待つとラクに剥けるようになります。

 

 

3.皮を剥く

にんにく 皮を剥く

 

にんにくの皮を剥きます。

 

にんにくの皮は薄皮までしっかり剥きましょう。

 

 

4.縦半分に切り芯を取り除く

にんにく 縦に切る

(出典:キッコーマン)

 

にんにくを縦半分に切り、包丁の刃元でくり抜くように芯を取ります。

 

※芯をとらないとにんにくのエグみが出てしまうので忘れずにとりましょう

 

 

5.端から切る

にんにく 薄切り

(出典:キッコーマン)

 

端から薄く切っていきます(1~2mmていど)

 

 

まとめ

 

以上が【薄切り】の刻み方です。

 

参考になさってください。

 

ちなみに、にんにくを熟成して「黒にんにく」になると「元気」「健康」「若さ」の効果がさらにアップすることはご存知でしょうか?

 

当サイトでは、そんな黒にんにくについて詳しくご紹介しています。

 

 

黒にんにくの効果

1.疲労回復効果

2.疲れにくくなる
3.免疫力アップ
4.老化予防(アンチエイジング)
5.がん予防
6.悪玉コレステロールの除去
7.動脈硬化の予防
8.ストレスに強くなる
9.脳の萎縮を抑え、学習能力アップ
10.認知症の予防

・・・etc

 

 

 

\気になる方はトップページをご覧ください!/