黒 にんにく 炊飯 器 火事

黒にんにくを炊飯器で作ると火事になる?高温回避の3つの機能

黒 にんにく 炊飯 器 火事

 

 

黒にんにくを作るために10日以上にんにくを炊飯器で保温すると火事になったりしないか不安!

 

炊飯器で保温をしっぱなしにして家を空けるのが不安!

 

という方はいないでしょうか?

 

 

そんな方のためにつぎのような記事をご紹介します。

 

 

この記事でわかること。
・黒にんにくを炊飯器で作ると火事になったりしない?
・黒にんにくを作る時に注意することは?

 

 

黒にんにくを炊飯器で作ろうと考えている方は、ぜひ最後までご覧ください。

 

 

 

 

 

黒にんにくを炊飯器で作ると火事になったりしない

 

通常、黒にんにくを作るために10日以上にんにくを炊飯器で保温しても火事になることはありません(※不良品や故障品でないことが前提です)

 

なぜなら、つぎのような理由があるからです。

・炊飯器の「保温」は「炊飯」に比べて温度が低い

・炊飯器には温度を調節する機能があるため温度が発火するまで高くなることはない
・想定外の事態で温度が上昇してしまっても、炊飯器内のヒューズが切れて電源が落ちる

 

くわしく解説していきます。

 

炊飯器の「保温」は「炊飯」に比べて温度が低い

 

炊飯中の最高温度は100℃です。

 

圧力タイプはさらに高くなります。

 

しかし、保温中の温度は60℃から75℃ていどなので、炊飯中に比べ火事の危険は低いです。

 

 

炊飯器には温度を調節する機能がある

 

保温の温度はメーカーや機種により決まっていてその温度を常に維持するために温度を調節する機能がついるため、正常に機能していれば温度が上昇してしまうことはありません。

 

 

 

想定外の事態で温度が上昇してしまっても、炊飯器内のヒューズが切れる

 

ほとんどの炊飯器は想定外の事態で温度が上昇してしまっても、炊飯器内のヒューズが切れて電源が落ちるため、一定の温度以上に高くなることはありません。

 

 

 

これらの理由により黒にんにくを作るために炊飯器で保温を続けても火事になることはありません。

 

 

それよりも、黒にんにくを炊飯器で作る時に注意するべき点は他にあります。

 

 

黒にんにくを炊飯器で作る時に注意することは?

黒にんにく 注意

 

黒にんにくを炊飯器で作る時に注意することは次の5点です。

1.強烈なニオイが発生してニオイがとれなくなるので、使わなくなった炊飯器を黒にんにく用にする

2.強烈なニオイが発生しても良いようになるべく屋外で作る
3.熟成開始から10日くらいたったら、熟成が完成したか1日1回にんにくの中を見てチェックする
4.均等に熟成が進むように1日1回、炊飯器の中のにんにくをかき混ぜる(2日以上外泊する時は作らない)
5.栄養が増加する最適な温度や期間で作られたわけでなく、栄養が少ないため、多めに食べる

 

 

黒にんにくには、つぎのような効果があります。

1.疲労回復効果

2.疲れにくくなる
3.免疫力アップ
4.老化予防(アンチエイジング)
5.がん予防
6.悪玉コレステロールの除去
7.動脈硬化の予防
8.ストレスに強くなる
9.脳の萎縮を抑え、学習能力アップ
10.認知症の予防

・・・etc

 

 

もっとラクで高い効果をお求めの方のために
【本当におすすめできる黒にんにく】をご紹介しておきます。

 

⇒⇒⇒本当におすすめできる商品のご紹介

 

 

\人気の記事はこちら/