黒 ニンニク まずい

黒ニンニクはまずい?美味しく作るコツや美味しい商品をご紹介

黒ニンニク まずい

 

 

黒ニンニクを自分で作ってみたらまずかった


という方はいないでしょうか?

 

そんな方のために
「黒ニンニクを美味しく作るコツ」や
「わたしが知っている中で一番美味しい黒ニンニク」の
ご紹介をします。

 

 

この記事でわかること。
・黒ニンニクを美味しく作るコツは?
・美味しい黒ニンニクはどこで売っている?

 

「美味しい黒ニンニクを食べたい!!」という方はぜひ最後までご覧ください。

 

 

今回ご紹介する内容は次の通りです。

 

 

 

黒ニンニクを作ったらまずかった?美味しく作るコツをご紹介!

黒にんにく まずい

 

 

冷蔵庫に長く保存したニンニクで作らない

 

冷蔵庫に長く保存したニンニクで黒ニンニクを作ると酸っぱくなってしまいます。

 

黒ニンニクを作る時は買ってきて間もないニンニクを使いましょう。

 

 

炊飯器で長く熟成しない

 

炊飯器でニンニクを長く熟成するとやはり、酸っぱくなってしまいます。

 

炊飯器で黒ニンニクを作る場合は10~14日くらいにしておき、それ以上長く熟成するのはやめておきましょう。

 

また、熟成期間が長すぎる上に、乾燥気味に作ってしまうと苦くなってしまいます。

 

黒ニンニクが乾燥していると感じたら炊飯器の底に少し水を足しましょう。

 

 

黒酢につけた場合しっかりと乾かしてから熟成をする

 

ニンニクを熟成する際には強烈なニオイが発生します。

 

黒酢につけてから熟成をはじめるとその強烈なニオイが和らぎます。

 

 

しかし、黒酢につけたあとしっかりと乾かさないで熟成をしてしまうと、完成した黒ニンニクが苦くなってしまいます。

 

黒酢につけた場合はしっかりと乾かしてから熟成をはじめてください。

 

 

熟成の際にほとんどニオイが発生しない作り方はこちらの記事でご紹介しています。

 

 

熟成はしっかりする

 

熟成が不十分の場合、完成した黒ニンニクが辛くなってしまいます。

 

炊飯器で作る場合はしっかりと熟成してください。

 

熟成をはじめて9日以上経って発生するニオイが少なくなったらニンニクの皮を少し剥いてみてしっかりと黒くなっていれば熟成がしっかり出来ていると判断できます。

 

 

 

美味しい黒ニンニクはどこで売っている?

岡崎屋の純黒にんにく

 

わたしが現在も食べ続けていて、一番美味しいと確信している黒ニンニクがあります。

 

それはモンドセレクション金賞12年連続受賞。

 

黒にんにく 美味しい商品

 

ニンニク日本一と言われる青森県田子の福地ホワイト六片から作った
「岡崎屋の純黒ニンニク」です。

 

青森県田子の福地ホワイト六片の糖度は果物以上で、それから作られる黒ニンニクはプルーンのように甘くて本当に美味しく、ニンニクから作られたものとは信じられないような味わいです。

 

黒ニンニクを「まずい」「そんなに美味しいものじゃない」と思っている方にはぜひ一度食べていただきたい美味しい黒ニンニクです。

 

 

黒ニンニクには、つぎのような素晴らしい効果があります。

1.疲労回復効果

2.疲れにくくなる
3.免疫力アップ
4.老化予防(アンチエイジング)
5.がん予防
6.悪玉コレステロールの除去
7.動脈硬化の予防
8.ストレスに強くなる
9.脳の萎縮を抑え、学習能力アップ
10.認知症の予防

・・・etc

 

 

「岡崎屋の純黒にんにく」は、栄養も自作した黒ニンニクとは比べ物にならない豊富さです。

 

黒にんにくの有効な成分が増える温度帯は決まっています。

 

その温度帯から外れると「黒にんにく」にはなりますがただ黒いだけで「S-アリルシステイン」「ポリフェノール」「アルギニン」などの黒にんにくを代表する成分はあまり増加しません。

 

「岡崎屋の純黒にんにく」は栄養がもっとも増える熟成温度や期間を長年研究し続けて、12年連続モンドセレクション金賞を受賞しました。

 

その金賞も6年間は最高金賞を受賞しているという凄さです。

 

他にそんな黒ニンニクはないので、ぜひ一度最高品質の黒ニンニクを試してみてください。

 

⇒⇒⇒「岡崎屋の純黒にんにく」の公式サイトはこちら

 

 

\人気の記事はこちら/