黒 ニンニク 下痢

黒ニンニクを食べすぎたら下痢や腹痛に!その原因と対策は?

 

お腹を押さえる人

 

 

 

黒ニンニクには、体調が悪くなるみたいな欠点はないの?

 

 

 

食べすぎると下痢や腹痛になるって本当?

 

 

・・・という人はいないでしょうか?

 

 

 

 

結論から言うと

黒ニンニクには、食べすぎると、下痢や腹痛をおこす可能性があるという、欠点があります。

 

しかし、ただしい食べ方をすれば、下痢や腹痛の心配はいりません。

 

その正しい食べ方をご紹介します。

 

 

 

この記事でわかること。
・黒ニンニクで体調が悪くなることはない?
・下痢や腹痛をおこす欠点の原因は?
・下痢や腹痛などの欠点を防ぐ食べ方は?

 

 

 

下痢や腹痛を防ぎ、安全に黒ニンニクを食べたい方はぜひ最後までご覧ください。

 

 

 

今回ご紹介する内容は次の通りです。

 

 

 

 

黒ニンニクで体調が悪くなることはないの?

 

腕を組む人

 

黒ニンニクで体調が悪くなる可能性は0%ではありません。

 

 

なぜなら、

ニンニクには「アリイン」という成分があり、すられたり、刻まれたりすることで酵素と反応して「アリシン」という成分に変化します。

 

この「アリシン」には、

 

【欠点1】殺菌・抗菌作用が強く、摂りすぎると腸内にある悪い細菌だけでなく、良い細菌まで殺菌してしまうため、腸内のバランスが崩れ下痢や腹痛をおこす場合がある

 

【欠点2】ニンニク特有の強烈な匂いの原因になる

 

・・・という欠点があります。

 

 

 

 

アリイン

 

 

黒ニンニクは、熟成されているあいだに、この「アリシン」のほとんどが「S-アリルシステイン」という成分に変化します。

 

 

S-アリルシステイン

 

 

このS-アリルシステインという成分は、匂いがなく、下痢や腹痛を引き起こすような、欠点もありません。

 

むしろ、非常にさまざまな、効能を持った、黒ニンニクを代表する成分です。

 

 

ニンニクに比べて、かなり安全ではありますが

・炊飯器で作ったもの

・販売されている一部の、熟成が不十分なもの

には、「アリシン」が残っている場合があり、下痢や腹痛を引き起こしてしまう可能性があります。

 

 

また、ほとんど「アリシン」が残っていなくても、敏感な体質の方は、そのわずかな「アリシン」でも下痢や腹痛をおこしてしまうことがあります。

 

 

どのような食べ方(対処法)をすれば下痢や腹痛のような欠点を防ぐことができるのでしょうか?

 

 

 

 

どんな食べ方(対処法)をすれば良いの?

 

?

 

黒ニンニクをはじめて食べる時

 

黒ニンニクをはじめて食べる時は、万が一、下痢や腹痛の欠点が発生してしまうことがあっても、仕事に支障が出ないように、つぎのどちらかのタイミングで食べるようにしましょう!

・休日の前日の夜
・休日の午前中

 

 

そして、食べる量は1片だけにしておきます。

 

黒ニンニクの単位

 

 

それでも下痢や腹痛のような欠点の症状がなければ、2片以上食べたい人は、少しづつ量を増やしていきましょう。

 

 

普段の食べる量

 

 

「少しづつ量を増やしていきましょう」と言いましたが、それも多くて4片までにしておきましょう。

 

それ以上食べても効能がアップするわけでもありません。

 

 

手に乗せた黒ニンニク

 

 

一度にたくさん食べるのでなく、1~2片を毎日コツコツ食べ続ける方が高い効能を得ることができます。

 

 

 

どんな黒ニンニクを食べれば良い?

 

 

OK

 

下痢や腹痛を避けるなら「アリシン」がほとんど「S-アリルシステイン」に変わっている、欠点が極限まで抑えられた黒ニンニクが理想です。

 

 

それと同時に「S-アリルシステイン」が極限まで増加した黒ニンニクは「元気」「健康」「若さ」に関する効能が非常に高くなります。

【効能1】疲れの解消

【効能2】免疫力アップ
【効能3】老化予防(アンチエイジング)
【効能4】がん予防
【効能5】悪玉コレステロールの除去
【効能6】動脈硬化の予防
【効能7】ストレスに強くなる
【効能8】脳の萎縮を抑え、学習能力アップ
【効能9】認知症の予防

 

つまり、良質な黒ニンニクを選んでおけば、下痢や腹痛を防ぐだけでなく、効能も高いということです!

 

 

おいしくて、下痢や腹痛の心配もない黒ニンニクで「健康」「元気」「若さ」を手に入れてください!

 

 

 

 

 

\人気の記事はこちら/