黒 にんにく 下痢

黒にんにくを食べすぎたら下痢や腹痛に!その原因と対策は?

お腹が痛い女性

 

 

黒にんにくで体調が悪くなることはないか心配


 

どんな食べ方をすれば良いのかよくわからない


という方はいないでしょうか?

 

そんな方のために「黒にんにくを食べて下痢や腹痛をおこす原因」と「おすすめの食べ方」をご紹介します。

 

 

この記事でわかること。
・黒にんにくで体調が悪くなることはない?
・下痢や腹痛をおこす原因は?
・どんな食べ方(対処法)をすれば良いの?

 

安全で効果的に黒にんにくを食べたい方はぜひ最後までご覧ください。

 

 

今回ご紹介する内容は次の通りです。

 

 

 

 

黒にんにくで体調が悪くなることはないの?

 

黒にんにくで体調が悪くなる可能性は0%ではありません。

 

なぜなら、にんにくには「アリイン」という成分があり、すられたり、刻まれたりすることで酵素と反応して「アリシン」という成分に変化します。

 

この「アリシン」は、殺菌・抗菌作用が強く摂りすぎると腸内にある悪い細菌だけでなく良い細菌まで殺菌してしまいます。

 

そうすると、腸内のバランスが崩れ下痢や腹痛をおこす場合があります。

 

黒にんにくは、熟成されているあいだに「アリシン」がほとんど「S-アリルシステイン」という安全な成分に変わっているため、にんにくに比べてかなり安全ではありますが
・炊飯器で作った黒にんにく
・一部の販売されている黒にんにく
には、「アリシン」が残っている場合があります。

 

 

また、ほとんど「アリシン」が残っていなくても、敏感な体質の方はそのわずかな「アリシン」でも下痢や腹痛をおこしてしまうことがあります。

 

 

どのような食べ方(対処法)をすれば良いんでしょうか?

 

 

どんな食べ方(対処法)をすれば良いの?

 

 

黒にんにくをはじめて食べる時

 

万が一、下痢や腹痛をおこしてしまうことがあっても仕事に支障が出ないように、黒にんにくをはじめて食べる時は
・休日の前日の夜
・休日の午前中
に食べるようにしましょう。

 

そして、食べる量は1片だけにしておきます。

 

黒ニンニクの説明

 

それでも下痢や腹痛のような症状がなければ、2個以上食べたい方は、少しづつ量を増やしていきましょう。

 

 

普段の食べる量

 

「少しづつ量を増やしていきましょう」と言いましたが、それも多くて4個までにしておきましょう。

 

それ以上食べても効果がアップするわけでもありません。

 

一度にたくさん食べるのでなく、1~2片を毎日コツコツ食べ続ける方が効果的です。

 

 

どんな黒にんにくを食べれば良い?

 

下痢や腹痛を避けるなら「アリシン」がほとんど「S-アリルシステイン」に変わっている質の良い黒にんにくが理想です。

 

 

「S-アリルシステイン」は次のような効果、効能がある「「元気」「健康」「若さ」にとても効果的な成分です。
1.疲れの解消
2.免疫力アップ
3.老化予防(アンチエイジング)
4.がん予防
5.悪玉コレステロールの除去
6.動脈硬化の予防
7.ストレスに強くなる
8.脳の萎縮を抑え、学習能力アップ
9.認知症の予防

 

質の良い黒にんにくなら、下痢や腹痛を引き起こす可能性のある「アリシン」が、ほとんどこの「S-アリルシステイン」に変わっているので安全性が高いうえに「S-アリルシステイン」が大きく増加しています。

 

つまり、安全なうえに、効果も高いということです。

 

⇒⇒⇒おすすめの質の良い黒にんにくはこちら

 

 

 

みなさんが、わたしの大好きな黒にんにくで「健康」「元気」「美容」を手に入れていただけたらうれしいです!

 

 

 

 

\人気の記事はこちら/