黒 にんにく 炊飯 器 電気 代

黒にんにくを炊飯器で作ると電気代は?1日分の制作費はいくら?

黒 にんにく 炊飯器 電気代

 

 

炊飯器で黒にんにくを作ってみたいけれど、電気代が心配!

 

炊飯器で作った場合、いくらで黒にんにくが作れるか知りたい!

という方はいないでしょうか?

 

自分で黒にんにくを作る場合、10日ていど炊飯器で保温し続けなくてはいけません。

 

5.5合炊きの炊飯器で10日間保温した場合、約150円~180円かかります。

 

一回で15玉作れるとすると、「1玉10円ていど」で作れる計算になります。

 

 

それでは。1日分でいくらで作れるんでしょうか?

 

 

この記事でわかること
・黒にんにくは1日分いくらで作れる?

 

黒にんにくを自作した場合いくらかかるか気になる方はぜひ最後までご覧ください。

 

 

 

 

黒にんにくを炊飯器で自作すると1日分いくらで作れる?

 

にんにくの価格ですが、日本産1玉150円~250円くらいなので「1玉200円」と仮定します。
※中国産はどんな農薬が使われているかわからないので、日本産をおすすめします。

 

そして、さきほどご紹介するした炊飯器の電気代「1玉10円」をたすと、
炊飯器で黒にんにくを作った場合「1玉210円」で作れることになります。

 

200円(にんにく代)+ 10円(電気代) = 210円

 

1玉に6片入っているとすると「1片35円」です。

 

 

炊飯器で作る黒にんにくは栄養が少なめなため多めの1日4片食べるとすると、
1日分140円
で作れる計算になります。

 

 

黒にんにくには、つぎのような素晴らしい効果があります。

1.疲労回復効果

2.疲れにくくなる
3.免疫力アップ
4.老化予防(アンチエイジング)
5.がん予防
6.悪玉コレステロールの除去
7.動脈硬化の予防
8.ストレスに強くなる
9.脳の萎縮を抑え、学習能力アップ
10.認知症の予防

・・・etc

 

 

ペットボトル1本分でおいしくて「元気」「健康」「美容」に大変効果的な黒にんにくを食べられるならけして高い買い物ではないと考えられます。

 

みなさんも一度試してみてはいかがでしょうか?

 

 

最高品質の黒にんにくを買うと1日いくら?

モンドセレクション金賞受賞

 

・モンドセレクション金賞12年獲得(そのうち6年は最高金賞)

・国産にんにく使用で無添加、無農薬
・さまざまな安全性の試験を合格
・日々の熟成期間、温度の研究により栄養成分が他の黒にんにくに比べて格段に豊富

 

というまさに最高品質の黒にんにく
岡崎屋の純黒にんにく
を買って食べた場合1日分いくらになるだしょうか?

 

 

12玉入りで7,776円(税込)と少し高いように感じるかもしれませんが、
「S-アリルシステイン」「ポリフェノール」「アルギニン」などの有効成分がとても多いので1日1片食べれば十分に黒にんにくの効能を得ることができます。

 

 

1玉に6片入っているので

 

12玉 x 6片=72日分

 

7,776円 ÷ 72日=108円

 

1日108円」つまり、最高品質の黒にんにくが1日缶ジュース1本以下の価格で食べられるということです。

 

もし、「元気」「健康」「美容」の効果と「安全性」を求めるなら「岡崎屋の純黒にんにく」を迷わずおすすめします。

 

⇒⇒⇒岡崎屋の純黒にんにくの公式サイトはこちら

 

 

 

\人気の記事はこちら/