黒 にんにく 効果 うつ

黒にんにくの【うつ病】に対する予防効果。ストレスや不眠の解消

ストレスに悩む男性

 

 

黒にんにくは、うつ病の予防に効果があるか知りたい

 

ストレスや不眠に効果があるなら食べてみたい

という方はいないでしょうか?

 

 

そんな方のために黒にんにくの、「うつ病」「ストレス」「不眠」に対する効果をご紹介します。

 

 

この記事でわかること。
・黒にんにくは、うつ病の予防に効果がある?
・ストレスや不眠に効果がある?

 

「うつ病」「ストレス」「不眠」の解消に興味のある方はぜひ最後までご覧ください。

 

 

 

 

黒にんにくは「うつ病」「ストレス」「不眠」に効果がある?

 

黒にんにくはには
・「S-アリルシステイン」
・「トリプトファン」
という「うつ病」「ストレス」「不眠」に効果がある成分が含まれています。

 

この2つの成分をご紹介します。

 

「S-アリルシステイン」の効果とは?

 

「S-アリルシステイン」は、にんにくを熟成することで急激に増加する、黒にんにくの代表的な成分です。

 

「S-アリルシステイン」には次のような効果、効能があります

 

1.疲れの解消

2.免疫力アップ
3.老化予防(アンチエイジング)
4.がん予防
5.悪玉コレステロールの除去
6.動脈硬化の予防
7.ストレスに強くなる
8.脳の萎縮を抑え、学習能力アップ
9.認知症の予防

 

これらのうち7.の「ストレスに強くなる」というのが今回注目する効果、効能です。

 

「うつ病」「不眠」を招くもっとも大きな原因です。

 

仕事をしているとストレスが「うつ病」「不眠」に悪い影響を及ぼすとわかっていても、簡単にストレスを減らす事はできません。

 

しかし、「S-アリルシステイン」を摂ることで、ストレスに強くなることで、簡単に「うつ病」「不眠」の予防をすることができます。

 

ストレスの多い現代で積極的に摂取すべき成分と言えます。

 

 

「トリプトファン」の効果とは?

 

「トリプトファン」は、黒にんにくに多く含まれている成分でストレスや緊張を感じると、「セロトニン」という脳内物質を分泌します。

 

この「セロトニン」とは、気持ちを落ち着かせストレスを減らす効能、効果があります。

 

この「セロトニン」という物質はうつ病予防にとても効果的です。

 

普段から「トリプトファン」を摂取してストレスや緊張を感じた時に「セロトニン」を分泌することで、うつ病を発症するリスクを大幅に減らしてくれます。

 

 

 

「トリプトファン」はにんにくも黒にんにくも含まれている量は変わりませんが、「S-アリルシステイン」は黒にんにくの方が16倍も多く含まれています。

 

といっても、「S-アリルシステイン」を16倍も含む黒にんにくは質の良い黒にんにくに限られるので、そのような黒にんにくを選ぶ必要があります。

 

⇒⇒⇒わたしがおすすめする質の良い黒にんにくはこちら

 

 

黒ニンニクには、つぎのような素晴らしい効果があります。

1.疲労回復効果

2.疲れにくくなる
3.免疫力アップ
4.老化予防(アンチエイジング)
5.がん予防
6.悪玉コレステロールの除去
7.動脈硬化の予防
8.ストレスに強くなる
9.脳の萎縮を抑え、学習能力アップ
10.認知症の予防

・・・etc

 

毎日1~2片の黒にんにくを食べておくことでさまざまな病気のリスクを減らすことができます。

 

 

 

⇒⇒⇒モンドセレクション獲得の黒にんにくはこちら