黒 ニンニク 効能 うつ

 

悩む男性

 

 

 

黒ニンニクには、「うつ病」への効能はあるの?

 

 

 

最近、ストレスが溜まり、夜もあまり寝られません・・・黒ニンニクには、改善できる成分は含まれていますか?

 

 

・・・という人はいないでしょうか?

 

 

 

結論から言うと

黒ニンニクには、「うつ病」の原因になる「ストレス」「不眠症」を改善する効能があります。

 

それでは詳しく解説していきます。

 

 

この記事でわかること。
・黒ニンニクには、「うつ病」を改善する効能はある?
・黒ニンニクの成分「S-アリルシステイン」の効能とは?
・黒ニンニクの成分「トリプトファン」の効能とは?

 

 

黒ニンニクの「うつ病」「ストレス」「不眠症」への効能について知りたい人は、ぜひ最後までご覧ください!

 

 

 

 

 

 

 

黒ニンニクには、「うつ病」を改善する効能はある?

 

クエスチョンマーク

 

うつ病とは

 

・気分が激しく落ち込む

・やる気が出ない
・不眠症
・すぐに疲れてしまう

といった症状を引き起こす「うつ病」。

 

 

厚生労働省の調べでは、「うつ病」などの気分(感情)障害の患者は、約100万人いるとのことです。

 

厚生労働省【平成 29 年(2017) 患 者 調 査 の 概 況】

 

 

日本人の15人に1人が生涯で一度は気分(感情)障害になると言われています。

 

 

うつ病のような気分(感情)障害は、われわれが、いつ発症してもおかしくない、身近な病気と言えます。

 

 

原因は

・人間関係

・身近な人やペットの死や病気
・仕事のプレッシャー

など、大きなストレスを受けるものです。

 

 

黒ニンニクは「うつ病」改善の効能がある?

 

たくさんの黒ニンニク

 

黒ニンニクは特効薬というわけではありませんが、うつ病を改善、予防する効能があります。

 

 

それは、黒ニンニクに含まれる、2つの成分の効能によるものです。

・S-アリルシステイン
・トリプトファン

 

この2つの成分の効能についてご紹介していきます。

 

 

 

黒ニンニクの成分「S-アリルシステイン」の効能とは?

 

「S-アリルシステイン」とは、ニンニクを熟成して黒ニンニクにすることで、多いものでは、16倍にも増加する、黒ニンニクの代表的な成分です。

 

 

「S-アリルシステイン」の主な効能はつぎの9つです。

1.疲れの解消

2.免疫力アップ
3.老化予防(アンチエイジング)
4.がん予防
5.悪玉コレステロールの除去
6.動脈硬化の予防
7.ストレスに強くなる
8.脳の萎縮を抑え、学習能力アップ
9.認知症の予防

 

 

これらの効能のうち7.の「ストレスに強くなる」という効能が、うつ病の改善、予防に力を発揮します。

 

 

うつ病のおもな原因は、ストレスです。

 

そのストレスに強くなるという効能は、うつ病の改善、予防に大変効果的で。

 

 

また、ストレスが原因で不眠が続いていた場合も、改善され、不眠のストレスが減るという好循環が生まれます。

 

 

背伸びをする女性

 

 

黒ニンニクの成分「トリプトファン」の効能とは?

 

 

「トリプトファン」とは、必須アミノ酸のひとつで、つぎのような効能があります。

・「セロトニン」の分泌

・不眠の解消
・アンチエイジング
・集中力、記憶力の工場
・月経前症候群(PMS)を改善

 

 

「トリプトファン」は、黒にんにくに多く含まれている成分でストレスや緊張を感じると、「セロトニン」という脳内物質を分泌します。

 

 

この「セロトニン」とは、気持ちを落ち着かせストレスを減らす効能があり、うつ病予防に高い効能がある物質です。

 

参考・・厚生労働省「e-ヘルスネット」

 

 

 

黒ニンニクには「うつ病」への効能がある?有効な成分は2つ!
まとめ

 

まとめ

 

 

今回の内容をまとめると次のようになります。

  1. 黒ニンニクには、うつ病を改善、予防をする効能がある2つの成分がある
  2. 「S-アリルシステイン」は、ストレスに強くなる効能がある
  3. 「トリプトファン」には、ストレスを減らす「セロトニン」を分泌する効能がある
  4. 2つの成分の効能が好循環を生み出す

 

この記事を最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

黒ニンニクを食べ続けることで、ストレスを減らし、精神的にも肉体的にも健康な日々をお過ごしください!

 

 

 

 

 

\人気の記事はこちら/