黒 酢 効果 肝臓

【黒酢の効果】肝臓、血糖値、血圧、内臓脂肪に効果あり!

黒酢

 

 

健康診断で脂肪肝と診断されてしまった

 

いつまでも若いと言われたい

 

血圧が高くて心配だ

という方はいないでしょうか?

 

 

そんな方のためにつぎのような記事をご紹介します。

 

 

この記事でわかること。
・お酢にはどんな効果がある?
・黒酢は肝臓にどんな効果がある?

 

 

黒酢の効果について知りたい方はぜひ最後までご覧ください。

 

 

 

 

お酢にはどんな効果がある?

お酢の効果

(林修の今でしょ!講座より)

 

まずは、お酢の効果についてご紹介します。

 

お酢は毎日大さじいっぱい分(15ミリリットル)づつ飲むだけで効果があるので簡単に試すことができます。

 

内臓脂肪を減らす

 

お酢に含まれている「酢酸」という成分には脂肪が蓄積するのを抑える効果があります。

 

また、「クエン酸」が体内の脂肪をエネルギーに変えて「アミノ酸」が脂肪の燃焼を促進します。

 

 

血圧を下げる

血圧計

 

酢酸が体に入ると細胞が「アデノシン」を分泌します。

 

「アデノシン」は血管を広げ血圧を低下。

 

正常な血圧の人がお酢を摂っても血圧は低下しないので安心してください。

 

 

血糖値を下げる

 

小腸で作られるブドウ糖は筋力や内臓のエネルギーになります。

 

そのブドウ糖の濃度のことを血糖値といいます。

 

その血糖値が食後短時間で急上昇すると、血管を傷つけてしまいます(血糖値スパイク)

 

また、普段は血糖値を下げるために膵臓から「インスリン」という物質を分泌されますが
膵臓の機能が低下すると「インスリン」の分泌が少なくなり糖尿病になってしまいます。

 

お酢を食事と一緒に摂ることで、血糖値の上昇を抑え血糖値スパイクや糖尿病を予防してくれます。

 

 

 

黒酢は肝臓にどんな効果がある?

肝臓

 

肝臓は食事で体に取り込んだ栄養を体が利用しやすい栄養素に変える大切な臓器です。

 

肝臓の元気がなくなると、体に必要な栄養素が作れなくなり、体がどんどん老けていきます。

 

黒酢にはそんな肝臓の疲れを癒して働きをサポートする効果があります。

 

 

なんと人間が体では作ることが出来ない必須アミノ酸9種類のうち黒酢には8種類も入っています。

 

つまり、黒酢でアミノ酸をしっかり摂れることで、肝臓は働きを休むことができるんです。

 

その結果、肝臓が元気で若い状態を保つことができるようになります。

 

 

だから、黒酢は健康長寿たちに愛されて「健康長寿がよく使うお酢ランキング」で1位になりました。

 

お酢のランキング

(林修の今でしょ!講座より)

 

みなさんも、とくに肝臓が気になる方は、一度黒酢を試してみてはいかがでしゃうか?

 

⇒⇒⇒おすすめの黒酢商品はこちら

 

 

 

 

\人気の記事はこちら/