にんにく 卵黄 いつ 飲む

【実は知らない!】にんにく卵黄はいつ飲むのが一番効果的?

時計

 

 

にんにく卵黄はいつ飲むのが一番良いのか知りたい!

 

効果的な飲み方や良くない飲み方があれば知りたい!

という方はいないでしょうか?

 

 

そんな方のためにつぎのような記事をご紹介します。

 

 

この記事でわかること
・にんにく卵黄はいつ飲むのが一番良い?
・効果的な飲み方や良くない飲み方は?

 

 

にんにく卵黄の飲み方について詳しく知りたい方は、ぜひ最後までご覧ください。

 

 

 

 

にんにく卵黄はいつ飲むのが一番良い?控えておいたほうが良い場合は?

 

あなたが、にんにく卵黄に求める効果により「いつ飲むのが良いのか?」は違ってきます。

 

いつ飲むのが良い?

 

疲労回復

 

にんにく卵黄に疲労回復を求めるなら夜に飲むことで、寝ている間にその日1日の疲労を回復してくれます。

 

翌朝には溜まっていた疲れがなくなり、スッキリと気持ちよく起きられるようになります。

 

⇒⇒⇒疲労回復効果がにんにく4倍!黒にんにくの効能、効果はこちら

 

 

 

スタミナアップ

 

朝、にんにく卵黄を飲むことで、疲れを感じないでその日1日バリバリと仕事や家事をこなすことができます。

 

 

美肌&老化予防

 

また、美肌効果などを実感したい女性の方は、夜ににんにく卵黄のを飲ことをおすすめします。

 

寝ている間に分泌される成長ホルモンが、にんにく卵黄に含まれる成分を栄養にして細胞を作り変え、きれいな肌に生まれ変わることができます。

 

 

発がん抑制

 

にんにく卵黄には、「NK細胞(ナチュラルキラー細胞)」を活性化させて、がんの治療や予防をする効果があります。

 

 

NK細胞とは、身体中を見回り、がん細胞を見つけると攻撃、撃退してくれる重要なリンパ球です。

 

がん細胞の分裂、増殖は真夜中に一番盛んになるため、夜に黒にんにくを食べてNK細胞を活性化させておくことで、がんの治療や予防の効果が高くなります。

 

 

良くないタイミングは?

考える女性

 

控えたほうが良いタイミングもご紹介しておきます。

 

黒にんにくには、にんにく同様、血液をサラサラにする作用があり、つぎのような効果が期待できます。

・血圧の低下(高血圧の改善)

・脳梗塞(脳の血管に血栓が詰まって起こる病気)の予防
・心筋梗塞(心臓の血管が詰まって起こる病気)の予防

 

 

しかし、手術や歯の治療がある場合や出血性疾患がある場合は逆に問題となる場合もあるので、控えておいたほうが良いでしょう。

 

※この他にもHIV感染の治療薬であるサキナビルの効果を阻害する作用があります

 

(参考:厚生労働省「統合医療」情報発信サイト「イージム」

 

 

 

 

当サイトでは、にんにくの4倍の疲労回復効果がある黒にんにくについてもご紹介しています。

 

\人気の記事はこちら/