にんにく 刻み 方

にんにくの刻み方 【みじん切り】を解説

にんにくの刻み方 【みじん切り】
(出典:キッコーマン)

 

 

にんにくの刻み方の中でも「みじん切り」について知りたい!

 

という方はいないでしょうか?

 

 

そんな方のためにつぎのような記事をご紹介します。

 

この記事でわかること。
・にんにくのみじん切りの刻み方は?

 

【輪切り】【みじん切り】については別の記事でご紹介しています。
・にんにくの刻み方【輪切り】について
・にんにくの刻み方【みじん切り】について

 

 

にんにくのみじん切りは香りが強めに出る切り方です。

 

カレーライスやスープなどに使われます。

 

にんにくの刻み方「みじん切り」について知りたい方は、ぜひ最後までご覧ください。

 

 

 

 

 

にんにくのみじん切りの刻み方

 

どんな刻み方をするにも、まずは皮をきれいにとらなくてはいけません。

 

1.1片づつ分ける

 

まずは、にんにくを1片づつに分けます。

 

 

2.水に漬ける

にんにく バラす

 

にんにくを水に漬けて5分ほど待つとラクに剥けるようになります。

 

 

3.皮を剥く

にんにく 皮を剥く

 

にんにくの皮を剥きます。

 

にんにくの皮は薄皮までしっかり剥きましょう。

 

 

4.縦半分に切り芯を取り除く

 

にんにくを縦半分に切り、包丁の刃元でくり抜くように芯を取ります。

 

 

5.にんにくを縦に切り込みを入れる

にんにく 縦に切る
(出典:キッコーマン)

 

根元を残しながら、縦に数本切り込みを入れます(5mm幅程度)

 

 

6.横に3本切り込みを入れる

にんにく 横に切る
(出典:キッコーマン)

 

包丁をまな板と水平にして、根元を残して横に3本程度切込みを入れます。

 

 

7.細かく切る

にんにく みじん切り
(出典:キッコーマン)

 

 

端から細かく切ります。

 

 

8.さらに細かく切る

にんにく みじん切り
(出典:キッコーマン)

 

 

より細かいみじん切りにしたい場合は、包丁の先の方のみねを左手で押さて、右手で包丁を上下に動かしていろいろな方向に切ります。

 

 

まとめ

 

以上が【みじん切り】の刻み方です。

 

参考になさってください。

 

 

ちなみに、にんにくを熟成して「黒にんにく」になると「元気」「健康」「若さ」の効果がさらにアップすることはご存知でしょうか?

 

当サイトでは、そんな黒にんにくについて詳しくご紹介しています。

 

 

黒にんにくの効果

1.疲労回復効果

2.疲れにくくなる
3.免疫力アップ
4.老化予防(アンチエイジング)
5.がん予防
6.悪玉コレステロールの除去
7.動脈硬化の予防
8.ストレスに強くなる
9.脳の萎縮を抑え、学習能力アップ
10.認知症の予防

・・・etc

 

 

 

\気になる方はトップページをご覧ください!/