黒 にんにく 食べる 量

黒にんにくを食べる最適な量は?1日に何個食べれば良いの?

黒にんにく 食べる 量

 

 

黒にんにくを作ってみたけれど1日何個食べれば良いのかわからない


 

美味しいからついたくさん食べてしまうけど、そんなに食べても大丈夫?


という方はいないでしょうか?

 

そんな方のために黒にんにくが安全で効果的に食べられる1日の摂取量をご紹介します。

 

 

この記事でわかること。
・黒にんにくは1日に何個食べれば良いの?

 

黒にんにくを1日何個食べれば良いのか知らない方はぜひ最後までご覧ください。

 

 

今回ご紹介する内容は次の通りです。

 

 

 

 

黒にんにくを食べすぎると危険?

 

薬やサプリは飲む量が厳しく決められていますが、黒にんにくはたくさん食べても大丈夫なんでしょうか?

 

黒にんにくを一度にたくさん食べることはおすすめできません。

 

にんにくには「アリシン」という成分が含まれていて、たくさん食べると、その「アリシン」が腸内の悪い細菌だけでなく良い細菌まで殺菌してしまう場合があります。

 

そうすると腸内の環境が悪化して「腹痛」「下痢」をおこしてしまうというわけです。

 

 

にんにくは熟成され黒にんにくになる間に「アリシン」は安全な「S-アリルシステイン」という成分に変化するため「腹痛」「下痢」をおこす可能性は大幅に減ります。

 

しかし、一部敏感な体質の方は黒にんにくをたくさん食べても「腹痛」「下痢」をおこしてしまう場合があります。

 

とくにそれは、

・炊飯器などで自作したもの

・熟成温度や成分の変化を考えず作られたもの

などです。

 

このようなものを食べる時はとくに注意が必要です。

 

 

そこで、はじめて黒にんにくを食べる時は1日1片にしておき、お腹の調子を見て増やしたい方は増やしていくことをおすすめします。

 

黒にんにく 食べる 量

 

 

それでは最初だけ注意すれば良いんでしょうか?

 

 

黒にんにくを1日に食べる量は何個が良いの?

 

「最初は1日1片でようすを見て増やしていく」と言いましたが、最初だけ気をつければあとはいくら食べても良いんでしょうか?

 

そういうわけではなく、黒にんにくは多くても1日4片までにしておきましょう。

 

とくに、質の良い黒にんにくを食べていればたくさん食べなくても1~2片で十分に効果があります。

 

 

黒ニンニクには、つぎのような素晴らしい効果があります。

1.疲労回復効果

2.疲れにくくなる
3.免疫力アップ
4.老化予防(アンチエイジング)
5.がん予防
6.悪玉コレステロールの除去
7.動脈硬化の予防
8.ストレスに強くなる
9.脳の萎縮を抑え、学習能力アップ
10.認知症の予防

・・・etc

 

 

黒にんにくの有効な成分が増える温度帯は決まっています。

 

その温度帯から外れると「黒にんにく」にはなりますがただ黒いだけで「S-アリルシステイン」「ポリフェノール」「アルギニン」などの黒にんにくを代表する成分はあまり増加しません。

 

 

そこで、高い効果をお求めの方のために
【本当におすすめできる黒にんにく】をご紹介しておきます。

 

⇒⇒⇒本当におすすめできる商品のご紹介

 

 

 

\人気の記事はこちら/