黒 ニンニク の 効能 と 欠点

【知らないと危険!】黒ニンニクの効能と欠点をご紹介

 

黒ニンニク
(ヒルナンデス 2020年2月17日より)

 

 

 

黒ニンニクを食べると、どんな効能があるの?欠点は?

 

 

 

注意しないといけない副作用や欠点みたいなものはないの?

 

 

・・・という方はいないでしょうか?

 

 

 

結論から言うと

 

効能は・・・
【効能1】元気
【効能2】健康
【効能3】若さ
【効能4】ダイエット、肥満抑制

 

●欠点は
【欠点1】食べすぎると体調を崩す場合がある
【欠点2】作るのが大変

 

・・・となります。

 

これらの効能と欠点について詳しく解説していきます。

 

 

 

 

欠点の解消法や、欠点を回避するためのおすすめの摂取量などもご紹介するので黒ニンニクに興味のある方や欠点や副作用が心配な方は、ぜひ最後までご覧ください!

 

 

この記事でわかること。
・黒ニンニクの効能と欠点は?
・欠点の対策は?
・1日の摂取量は?

 

 

 

 

黒ニンニクの効能とは?

 

たくさんの黒にんにく

 

 

先ほどご紹介した、

・元気
・健康
・若さ
・ダイエット、肥満抑制

の効能について、詳しくご紹介します。

 

 

元気の効能

 

マラソンの写真と記事
疲労回復、スタミナアップの効能

 

疲労回復の効能により
例えば夜に黒ニンニクを食べると、次の日の朝には疲れが回復してスッキリ起きられる。

 

 

スタミナアップの効能により
例えば、朝 黒ニンニクを食べると、その日1日仕事や家事を精力的にバリバリこなせる。

 

・・・というように疲れにくく、回復しやすい体質になります。

 

 

 

(ヒルナンデス 2020年2月17日より)

 

 

ストレスの耐性を高める効能

 

黒ニンニクの「ストレスの耐性を高める(ストレスに強くなる)」効能により、ストレスが原因で発生する、不眠下痢から開放されます。

 

 

万病のもとであるストレスに強くなることで、精神的にも肉体的にも健康な毎日を過ごせるようになります。

 

 

 

 

 

若さの効能

 

頬に手をやる女性

 

黒ニンニクに含まれる「S-アリルシステイン」と「ポリフェノール」には抗酸化作用があります。

 

 

抗酸化作用とは、活性酸素を除去する作用のことです。

 

活性酸素は、増えすぎると、体の老化を促進するという欠点をもっています。

 

 

そんな活性酸素を除去して、欠点を回避する「S-アリルシステイン」と「ポリフェノール」は老化予防つまりアンチエイジングの効能があるといえます。

 

肌や血管などを若い状態に維持するという効能が期待できます。

 

 

見た目の若さだけでなく体の中から若くしてくれる、とても魅力的な効能です。

 

 

 

 

 

健康の効能

 

マラソンをする高齢の夫婦

 

 

殺菌、抗菌、抗ウイルスの効能

黒ニンニクには、強い殺菌、抗菌、抗ウイルスの効能があります。

 

さらに、血液の循環を改善して風邪などの病気を予防する効能があります。

 

 

 

血液の循環を改善してサラサラにする効能

血液サラサラのイラスト

 

血液の循環がよくなると、細胞の1つ1つが健康になり体の不調だけでなく、心の不調まで改善してくれます。

 

血液がサラサラになり、そのうえ抗酸化作用により血管の若さが維持されることで動脈硬化を予防してくれる効能があります。

 

 

動脈硬化の予防ができると、脳梗塞や心筋梗塞を発症する危険も減ります。

 

※動脈硬化とは、年齢とともに血管が老化し「硬くなったり」「傷ついたり」することです。

 

動脈硬化には、血液が流れる道が狭くなってしまったり、血栓ができて、それが原因で心筋梗塞や脳梗塞などの大きな病気を招くという欠点があります。

 

 

また、黒ニンニクには、血圧を下げる効能もあります。

 

詳しくは、下の記事をご覧ください!

 

 

 

 

 

発癌抑制の効能

 

NK細胞

 

黒ニンニクには、「NK細胞(ナチュラルキラー細胞)」を活性化して癌の発生を抑える効能があります。

 

 

「NK細胞」とは体中を見回りながら、がん細胞を発見すると攻撃、消滅させる細胞です。

 

 

この効能については、元弘前大学医学部教授「佐々木甚一」博士が、マウスを使った実験を発表しています。

 

詳しくは下の記事をご覧ください!

 

 

 

 

 

悪玉コレステロールを減らす効能

 

健康診断表

 

黒ニンニクには、LDLコレステロールつまり悪玉コレステロールを減らす効能があります。

 

 

LDLコレステロールには肝臓から全身の細胞にコレステロールを届けます。

 

しかし、細胞にコレステロールが増えすぎると、使われずに残ったコレステロールが動脈の壁に入り込み、動脈硬化を促進するという欠点があります。

 

 

黒ニンニクを定期的に食べて、LDLコレステロールの増加を抑えましょう!

 

 

 

 

ダイエット、肥満抑制の効能

 

体重計

 

 

黒ニンニクには、食べることで糖の代謝が安定して行われ、糖尿病や肥満が予防できるという効能があります。

 

食事から摂取した糖質は分解されて、血液中でブドウ糖になります。

 

 

そのブドウ糖は、エネルギーとして使われたり、余分な糖は脂肪やグリコーゲンとして体に貯蔵されます。

 

これが糖の代謝の仕組みです。

 

 

糖の代謝が悪くなると血液中にブドウ糖が増加し、それが慢性化すると、糖尿病になってしまう欠点があります。

 

 

糖尿病は、生活習慣と社会環境の変化によって急激に増加しています。

 

 

糖尿病は、一度発症してしまうと、治癒することはなく

・網膜症
・腎症
・神経障害

などの合併症を引き起こす欠点があります。

 

(参考|厚生労働省

 

 

黒ニンニクを毎日食べ続けることで、肥満や糖尿病になりにくくなる効能が手に入ります!

 

ーーーーー

 

このように黒ニンニクには、さまざまな病気や症状を予防する効能があります。

 

 

「100の治療より1の予防」と言われるように、病気になってから100の治療をするよりも、普段よりしっかり予防しておくことが大切です。

 

 

毎日1片だけの黒ニンニクを食べておけば、多くの病気を予防するだけの十分な効能を得ることができます。

 

マスクと体温計

 

しかし、食べずに病気になってから治療しようと思ったらたくさんの時間とお金がかかってしまいます。

 

 

そして、最悪 命を落としてしまうことにもなりかねません!

 

毎日の積み重ねが、非常に重要なんです!

 

 

【1玉は黒ニンニク丸1個で、1片は、黒ニンニクをバラしたものです】

 

黒にんにくの単位

 

 

わたしが普段より食べていて、自信をもってご紹介できる抜群の効能をもった黒ニンニクがあるので、もし興味があればチェックしてみてください。

 

 

 

こんなたくさんの効能がある黒ニンニクにも、欠点があるんでしょうか?

 

 

 

黒ニンニクの欠点とは?

 

【黒ニンニクの欠点とは、どんなものでしょう?】
クエスチョンマーク

 

 

黒ニンニクにも欠点があります。

 

 

その欠点とは、つぎの2つです

【欠点1】食べ過ぎると体調を崩す場合がある
【欠点2】作るのが大変

 

 

欠点を解消もしくは、回避する方法をご紹介します。

 

 

 

【欠点1】食べすぎると体調を崩す場合がある

 

【食べすぎると体調を崩す欠点とは、どんなものでしょう?】
お腹を押さえる男性

 

 

ニンニクは、食べすぎると、ニンニクの殺菌、抗菌作用により下痢や腹痛などの症状が発生してしてしまうという欠点があります。

 

 

ニンニクには「アリシン」という抗菌殺菌作用が非常に強い成分が含まれています。

 

 

その「アリシン」には、腸内の悪い細菌だけでなく良い細菌まで殺菌してしまうという欠点があります。

 

 

すると腸内環境のバランスが崩れ、下痢や腹痛を引き起こしてしまう可能性が高くなります。

 

 

【アリシンは、悪い細菌だけでなく良い細菌も殺菌しする欠点を持っています】
アリシンのイラスト

 

 

品質の良い黒ニンニクは「アリシン」のほとんどが「S-アリルシステイン」という安全な成分に変化していて、ほとんど残っていないので、下痢や腹痛を引き起こすという欠点はほとんどありません。

 

 

しかし、悪く言いたくはありませんが、つぎのような黒ニンニクには「アリシン」が比較的多く残っている傾向があります。

 

 

・炊飯器などで自作した黒ニンニク
・成分のことなどを考えず作っている業者から買った黒ニンニク

 

 

このような黒ニンニクには、たくさん食べたり
ニンニクにアレルギーを持っている方が、黒ニンニクを食べてしまうと、やはり下痢や腹痛などの症状が発生してしまうという欠点があります。

 

 

NG

 

 

最初は1片だけ食べてみて、様子を見ながら、2片以上食べたい方は量を増やしていくことで、この欠点を回避することができます。

 

 

また、多めに黒ニンニクを食べたい人でも、腹痛や下痢の欠点を回避するために、多くても1日に3片までにしておきましょう!

 

 

 

【欠点2】作るのが大変

【作るのが大変というのは、そんなに大きな欠点なんでしょうか?ニンニクを炊飯器で温めるだけじゃないの?】
バツ

 

もうひとつの欠点は、作るのが大変!ということです。

 

・ニンニクを買ってきて
・熟成させ、黒ニンニクを作る

という作業には10~14日くらいの期間が必要です。

 

 

これだけなら、それほど欠点というほどではないのですが、
それに加えて、作る際にはかなり強烈な臭いが発生するという欠点もあるんです。

 

 

10~14日くらいかかって、その間、強烈な臭いが発生するというのは、かなりの欠点と言えます。

 

 

鼻をつまむ男性

 

 

そのうえ、黒ニンニクは、ただしい温度帯で熟成しないと、主要成分「S-アリルシステイン」「ポリフェノール」「アルギニン」があまり増加してくれないという欠点もあります。

 

 

だから、その欠点を回避するために専門の業者が作った品質の良い黒ニンニクを購入することをおすすめします。

 

それだけでも、

【欠点2】作るのが大変

という欠点を完全に回避することができます。

 

 

専門の業者が有効成分を少しでも多く増加させるため、安全で美味しい黒ニンニクをつくるために

・温度
・熟成期間
・熟成方法

の研究を重ねています。

 

炊飯器などで自作したものに比べると「効能」「安全性」「味」が優れているものが多いのが特徴です。

 

 

優れたものなら、黒ニンニクの主要な成分の1つであるポリフェノールに関しては炊飯器で作ったものより1.5倍から2倍ほど多く含まれています!

 

 

そのうえ、体調を崩す原因である「アリシン」のほとんどが「S-アリルシステイン」安全な成分に変化しているので

 

【欠点1】食べ過ぎると体調を崩す場合がある

という欠点の心配もなくなります。

 

 

有効成分をたくさん摂取して効能を実感し、欠点を回避したい方のために、モンドセレクション金賞を13年連続受賞している黒ニンニクをご紹介しておきます!

 

 

 

 

 

「黒ニンニクの効能と欠点」のまとめ

 

黒ニンニク

 

 

今回の記事をまとめると、黒ニンニクの効能と欠点は、つぎのようになります。

 

黒ニンニクの効能は「元気」「健康」「ダイエット」である

 

黒ニンニクの欠点は「作るのが大変」「注意しないと体調を崩す可能性がある」

 

しっかりした業者の黒ニンニクやサプリメントなどを利用し、最初は少ない量を食べるようにすれば黒ニンニクの効能をしっかり実感できて、欠点を回避することができる

 

 

今回ご紹介した効能に魅力を感じなかった方には黒ニンニクは必要ないのかもしれませんが、もし、魅力を感じた方は一度試してみてはいかがでしょうか?

 

その際はご紹介した欠点を回避する方法を参考にしていただけたらうれしいですo(^▽^)o